レスポンシブ タイトル下?

ゆじー(イギリス)とは?高校や本名は?経歴や国際バカロレアも!

2020年2月現在、YouTubeチャンネル登録者数5.6万人の、「ゆじー(イギリス)」について、今回は見ていきます。YouTube登録が2019年12月17日ですので、まだほんの数か月です。数か月にも関わらず、登録者数が5.6万人にも膨れ上がっているのは、ゆじーのブログや行動に影響があるのでしょうか?

そんな、「ゆじー(イギリス)」について、高校や本名などのwikiプロフィール、経歴、勉強中の国際バカロレア(IB)って何?などを見ていきます。YouTubeでも、「コニュニティ」をうまく活用しています。再生リストはありませんでしたので、毎回違う配信を心がけているのか、たまたま日々違う配信をしているのかのどちらかだと言えますね。それでは、見ていきましょう!




ゆじー(イギリス)の高校や本名などのwikiプロフィール

名前:ゆじー(yuzzy)

本名:いたば ゆずき

生年月日:2003~2004年生まれ

年齢:16歳

高校:国際バカロレア(IB)イギリス(寮制高校)

出身地:大阪府

趣味:ハリーポッター・テニス・ゲーム

「ゆじー」の本名は、(いたば ゆずき)です。こちらに関しましては、本人のブログの中に「小学低学年の頃英語落語をやっていました。」と、ありました。生年月日の、月日はわかりませんでした。ですが現在16歳です。高校はイギリスの国際バカロレア(IB)です。出身地は大阪です。本名を言っているYouTube動画がありますので、載せます。とても緊張したようです!ご覧ください。

【まねび学園】 南小亭 ゆずき on 2012.12.2

「引用先」 https://www.youtube.com/watch?time_continue=50&v=aJfxAKX5J-w&feature=emb_logo

2013年2月27日のYouTube動画ですが、緊張しながらも、堂々としていますよね。この頃からなにか「行動する」ということを身につけているようにも感じられます。会場もとてもにぎわっていました。こちらの経験がいろんなことに結びついていったのでしょうか?さっそく、次の見出しに行きましょう。




ゆじー(イギリス)の経歴はどんな感じ?

・中学受験を経験(高校一貫「高校を受験しなくてすむ」)

・中学1年生の時に「中学生が考える勉強の意義」(社会人179人にアンケート)

・中学3年生の時に「試験にむけた勉強」に疑問を抱く

・同時期(中学3年生)母親に「高校卒業してないと大学に行けない」と聞かされる

・大学へは行きたい、そのための「資格」として「高校卒業」はしたいと思う

・「自分はなにがしたいのか」という発想に至り「会社見学」を始める

・イギリス留学を決める

「引用先」 https://twitter.com/Yuzzy_uk

2018年10月24日でのゆじーのTwitterツイートです。この時すでに「日本の勉強への仕組みについて疑問」を抱いています。勉強をすればいい点数がとれるとも、書いています。では、なんのために勉強をするのか?という疑問が中学生にしてゆじーの中を駆け巡りました。「意味がないんじゃないか」「だったら勉強をやめよう!」という結論が出たのですが、母親から「それでは大学へ行けない」と言われます。

自分が「なにをしたいのか」というところから、「何を学べばいいのか」「どこの大学に行くべきか」そのために「高校は必要だとわかった」それで勉強が必要だったら、「高校はどこに行くべきか」という発想に辿りつきました。そこでまず、ゆじーが起こした行動は、高校を調べるのではなく「企業訪問」でした。企業訪問記第一弾は「GameWith」でした。こちらは日記をご覧ください。

「引用先」 https://twitter.com/Yuzzy_uk

2018年9月2日ゆじーのTwitterでのツイートです。時系列で書いています。いかがでしょうか?行動力がとても素早いです。こうして次々と、興味ある人や、企業を訪問します。すべて「何が必要か」を自分のものにするためです。高校までエスカレーター式だった学校を辞めて、イギリスの高校を選択したのもこの行動がすべてのはじまりでした。

「引用先」 https://twitter.com/Yuzzy_uk

自分の進路を悩まずに決められる人もいるでしょう。ですが、ゆじーは違った。それだけのことなのです。それだけのことなのですが、進路や会社、生きていく上で何かにふと「疑問」を持った時、誰かではなく「自分のはどれくらいなのか」という疑問を自分に投げかけられる人がどれほどいるでしょうか?ゆじーのYouTubeチャンネル登録者数がぐん!と、伸びたのは、そういうところにあるのかもしれませんね。




ゆじー(イギリス)が勉強中の国際バカロレア(IB)って何?

まず、国際バカロレア(IB)ですが、国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的教育プログラムのことをいいます。(IBとはInternational Baccalaureate)国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与えると共に、多様な国際的文化の理解と尊重の精神・知識・思いやり・チャレンジに満ちた若者の育成を目的としている学校です。(簡単にまとめました)

「引用先」 https://twitter.com/Yuzzy_uk

2019年4月10日でのゆじーのTwitterツイートです。A_LEVELと、IBの違いについて書かれていますね。ご覧のとおり、A_LEVEL だと、選べる教科が3~4ですが、IB だと、5~6教科選べるので、IB を選んだと書かれてあります。現在では、ネットがとても盛んに使われている生活があたり前です。なにをどう見るのかという視点が問われる時代なのでは?と、ゆじーを通して感じられます。

そこで、イギリスの国際バカロレア(IB)に進学を決めた、理由は、プロフィールにもあるのですが、「趣味」のところをご覧ください。「ハリーポッター」と、ありますね?そこで、こちらの実際の国際バカロレア(IB)学校をご覧ください。最初に、「え、ハリーポッター?」と感じたのですが、趣味に出てきたので笑ってしまいました。

【イギリス留学】日本人0高校のリアルな1日 Study abroad in the UK

「引用先」 https://www.youtube.com/watch?v=o8HT7fieU00

2020年1月3日のYouTube動画です。本当に綺麗です!ハリーポッター!!階段が迷路です。(そう感じただけ)ホットチョコレートとか!もうまんまじゃないですか。いえ、それよりも、最後までご覧ください。いろんなことがあるとわかりますね。イギリスの留学先で日本人が1人とは、寂しいでしょうが英語を覚えるスピードはあがりそうです!

「引用先」 https://twitter.com/Yuzzy_uk

2020年1月16日でのゆじーのTwitterツイートです。どうしても載せたかったのです。よく、海外のドラマや映画などを見ている方は、想像がつきやすいと思うのですが、こういう雰囲気の学校は、日本にもあるのでしょうか?みなさんの地域ではどうですか?「こんな感じだよ!」という方がおられましたら、ぜひ、教えてください。海外に行かなければできないなんて、少し寂しくなりましたので。参考までに。




結局、ゆじー(イギリス)ってどんな人?

ゆじー(イギリス)について見てまいりました。ご存じの方はいましたか?進路を迷っている方や、学生、社会人でもそうですが、「このまま」を続けていてもいいのかな?と、不安を抱いている人も多いことでしょう。もちろん、「このまま」で満足している方も多いことと思われます。今回は、迷っている方へ伝えたいブログになりました。それでは、ふり返っていきましょう。

高校や本名などのwikiプロフィールでは、高校は、国際バカロレア(IB)イギリス(寮制高校)でした。本名は、「いたば ゆずき」でした。生年月日は、月日はわかりませんでしたが、16歳ということはわかりました。小学低学年生の頃のYouTube動画も出てきましたね。緊張していたと言っていましたが、堂々と落語を披露する姿はたくましいと感じられました。

ゆじー(イギリス)の経歴はどんな感じ?では、はじめに簡単に箇条書きにさせていただきました。その後で詳しく見ていきました。「勉強への壁」を乗り越えて「新しい道」へ進むことができました。その先は「イギリス留学」という「国際バカロレア(IB)」への道でした。「企業への訪問」も、とても勇気のある行動だと感じられましたし、ゆじーにとってとても必要な行動だったのだなと感じられました。

ゆじー(イギリス)が勉強中の国際バカロレア(IB)って何?については、国際バカロレア(IB)のHPから、わかりやすく言葉をひろったものになりました。HPを見ると、さらに詳しく書いてあります。選べる教科数でIBを選んだとゆじーは言っていますね。それと学校がハリーポッター風だったのも好みだったのではないでしょうか?

YouTube動画の本数的には、まだまだ少ないのですが、英語が話せるという強みや、留学生という勉強面で参考になる方も多いのでしょう、チャンネル登録者数はぐんぐんと伸び続けています。編集の仕方もとても楽しくて、見ていて引き込まれます。ゆじーの発想や、国際交流の中で学んでいることが動画に出ているのではないかと、感じられました。これからも配信を楽しみにしております。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告