レスポンシブ タイトル下?

レート先生とは?ソフトは?マイクラと荒野行動の実写版や鏡、テレビ出演も!

レート先生(RATE先生)とは、VFX(ビジュアルエフェクト)を使って、ハイクオリティな動画を作ることで有名なYouTuberです。

ちなみにVFXとは、コンピューターを使って映像を加工して、現実では見れない画面効果を実現するための技術です。

レート先生(RATE先生)は動画内で一言も発しませんが、動きや編集技術で、実写版ポケモンなどの独特な世界観を創り出しています。時間も2~3分と短いので気軽に見ることができます。実際に見てみましたが、無料で見れていいの?と思うぐらい凄いです!

今回はそんなレート先生(RATE先生)とは何者か、ソフトは何を使っているかを調べてみました。また、有名なマイクラや荒野行動の実写版や鏡の動画について、テレビ出演についてもまとめてみました。



レート先生(RATE先生)とは?大学や身長、本名や収入などのwikiプロフィール

本名:不明

出身地:神奈川県

生年月日:1月27日

年齢:不明

身長:不明

大学:理系の大学

収入:880万円(+企業からのオファー)

上記の情報はTwitterなどからまとめてみました!レート先生(RATE先生)は顔出しをしているものの、自身のプロフィールをほとんど公開していません。謎に包まれた人物ですね。年齢に関してですが、動画内で見てもかなり若いので、20代前半ではないかと思います。

大学は理系の大学とのことです。VFXという難しい技術を使っているので、納得できますね!

収入ですが、レート先生(RATE先生)の動画の総再生回数が3億6000万、1再生当たり0.1円とすると、総収入は3600万円。活動期間が4年2か月なので、年収は880万円ほどだと思われます。

880万円稼いでるのは凄いですね!使っているソフトは恐らく高額でしょうが、それでも充分にあります!

この他にもレート先生(RATE先生)はTwitter上で海外企業からのオファーを受けているとも答えているので、実際は880万より多く年収があると思われます。20代でこの域に達するのは物凄い努力をしたと思います!



 レート先生(RATE先生)が使っているソフトは?

レート先生(RATE先生)が動画を作るにあたって使っているソフトは何でしょうか?こちらはTwitter上で答えてくれていました。

使っているソフトは、『After Effects』というソフトです。こちらは、一番安いプランで月額2500円のソフトとなっています。レート先生(RATE先生)曰く、難易度はとても高いが、使いこなせば何でもできるらしいです。

実際にアニメや映画にも使われているソフトで、他にも千本桜やローリンガールなどのMVにも使われているらしいです!この二つのMVも高いクオリティを誇る動画ですので、レート先生(RATE先生)が絶賛するのもわかりますね!

レート先生(RATE先生)の傑作!マイクラと荒野行動の実写版、鏡の動画について

とてつもない技術を使って動画を作り、世界からも評価されているレート先生(RATE先生)。アマゾンから武器を取り寄せて戦うモンハンの実写版、実写デスノート、実写メタルギアなど様々な動画を作っていますが、これらよりも有名な動画があります。

マイクラの実写版

こちらはminecraft in real lifeというタイトルで投稿している動画シリーズです。マイクラに出てくるTNTという爆弾を使ってリア充を爆発させたり、ダイヤモンドピッケルをライトセイバーに改造して歩きたばこをおしおきする動画を投稿しています。

マイクラは作業することが多いゲームですが、動画内でもレート先生(RATE先生)が実際に作業しているかのように動いていますので、本当にマイクラの世界にいるように思えます!

ちなみにクリーパーがロケットランチャーで吹っ飛ばされたのは結構爽快でした。(笑)

荒野行動の実写版

あの人気ゲーム、荒野行動を実写化したものです。メインメニューや操作画面、脱落した画面やアイテム欄も忠実に再現されています!

特にフライパンで銃弾がはじき返されていたのを見た時は、おお!と思いました!メイド姿のレート先生(RATE先生)も必見です。(笑)また、総勢二人で撮影を行ったそうなので結構大変だったと思います。

そしてなんとこの動画、荒野行動の公式の広告の動画として使われています!荒野行動の公式からレート先生(RATE先生)に動画を使わせてほしいと申し出があり、レート先生(RATE先生)がそれに承諾したそうです!

有名ゲームの広告にも使われるなんて凄いですね!マイクラよりも荒野行動の動画を見た事がある人も多いのではないでしょうか?

 鏡

レート先生(RATE先生)のもう一つの有名な動画なシリーズといえば、鏡シリーズが挙げられます。

この鏡シリーズでは、鏡の中のレート先生(RATE先生)が実際のレート先生(RATE先生)と違う動きをしているというのが主な流れとなっています。

レート先生(RATE先生)が普通に歯磨きをしているのに鏡の中のレート先生(RATE先生)の口から火花が飛び出ていたりなど独創的な世界が繰り広げられています。(笑)

また、この動画でもメイド姿のレート先生(RATE先生)が出ています。(笑)今更ですが、結構似合っています。



レート先生(RATE先生)がテレビに?声出しもしている?

レート先生(RATE先生)と検索すると、関連キーワードにテレビが出てきます。Twitterによると、どうやら2019年3月にテレビ出演をしているそうですが、残念ながらどの番組に出ていたのかはわかりませんでした。

せっかく声が聴けると思ったのに残念、と思いましたが、実はレート先生(RATE先生)が声出しをしている動画があります!

イソップの思うツボという映画の試写会でパネルディスカッションとして登壇し、その時にレート先生(RATE先生)の声が聴けます!顔出しもしていましたが、中世的なイケメンで、見た目通り落ち着いたはっきりとした声でした。

ちなみに動画内で声出しをしないのは、声を出すと日本人しか面白さがわからないが、声なしでジェスチャーなら世界の人に面白さを共有できるからと語っていました。とてもいいこだわりですね!



まとめ

いかがだったでしょうか?今回はレート先生(RATE先生)とは何者か、ソフトは何を使っているかを調べてみました。また、有名なマイクラや荒野行動の実写版について、テレビ出演についてもまとめてみました。

優れた技術力、表現、発想力を持っており、世界にもその名が知られています。毎週動画を投稿しているので、より今後知られていくと思われます。

もしかしたら映像技術が優れているハリウッド映画に、レート先生(RATE先生)の名前が載るかもしれませんね!今後のレート先生(RATE先生)の活躍に期待していきましょう!

ここまで見ていただきありがとうございます!

スポンサーリンク
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告