レスポンシブ タイトル下?

野良連合の貴族(kizoku)が炎上!原因は給料未払いなど?

日本国内のプロゲーミングチームである『野良連合』そのオーナーである貴族(kizoku)が、給料の未払いなどで炎上しています。




野良連合のオーナー、貴族(kizoku)が炎上した原因について

野良連合とは、日本国内の最大級のプロゲーミングチームです。レインボーシックスシージやAPEX、フォートナイトなどのゲームで活躍しています。Twitterフォロワー数日本1位で、国際大会出場経験、NHKなどのTVなどのメディア出演も多数と、現在知名度が急上昇となっています。実況者のジャンヌが所属していることで知っている方もいるのではないでしょうか?

そんな野良連合のオーナーが、貴族(kizoku)という方です。貴族は幼少の頃から父親の影響でゲームが大好きで、ゲームやeスポーツを通じて青少年の育成を行いたいと考える、ボケ防止へのゲームやeスポーツの効果の知恵があるなど、ゲームとeスポーツの可能性を信じている方です。

しかし、野良連合に所属している『滝沢ガレソ』、二年前に脱退の胸を伝えた『おじぽん』の二人がツイートした内容で、貴族(kizoku)が炎上しています。該当のツイートが以下の二つです。

問題のツイートについて

【引用元】https://twitter.com/takigare3/status/1298225634884218881

まずはこちらのツイートについてです。こちらは野良連合のレインボーシックスシージの部門で、チームから選手へと支払われる給料が支払われなかったため、とある選手が貴族(kizoku)に対して「チームを辞めたい」と相談した際の音声です。

「辞めたいです」と力なく答える選手に対して、貴族(kizoku)は「意味わかってんの?」、「それ俺ブチぎれるんだけど」、「契約書の意味ねえだろうが!」、「大概にせえよまじで」、「自己中すぎんねんコラ」、と声を荒げて返します。途中で契約書について話していますが、給料を払わない時点で契約不履行ですよね…。(のちにValorant部門での給料の未払いも発覚しています)

こちらのツイートの動画は、99万回以上も表示されており、1万件以上のリツイート、2万件ほどのいいねが寄せられています。

【引用元】 https://twitter.com/TooS_Ojisan/status/1298295483673112578

次にこちらのツイートです。こちらはおじぽんという方が、オーナーの貴族(kizoku)に脱退の旨を伝えた時のことを書いています。「二度とeスポーツできないように潰すからね」、「アカウントBANしてくださいていうこともできる」等、怒鳴り散らかされ脅されたそうです。

所属している選手に対してオーナーがこんなことを言うとは本当に信じられない事です。当時の録音データもおじぽん自身が手元に残しており、証拠も充分だそうです。このツイートは3000件以上のリツイート、1.6万件のいいねが寄せられています。

以上の2件のツイートにより、貴族(kizoku)の給料未払いが問題となっています。これに加えて、パパ活専用のアプリであるpatersで、貴族(kizoku)のプロフィールが発見され、未成年女性への飲酒の強要の疑いまで出ています。

貴族の炎上でスポンサーがゼロに

これらの炎上を受けて、omen、CORSAIR、森永、産経デジタル、KONAMI、audio-technica、LinkedBrainの名だたる企業が野良連合のスポンサーだったのですが、現在全ての企業がスポンサーから降りています。

スポンサーが全て降りたことで、今後の野良連合のプロの活動に対して支障が出ると考えられます。




炎上を受けて野良連合が法的措置を取る事を検討

一連の炎上騒動に関して、8月26日に野良連合はTwitterで法的措置を取る声明を発表しました。

【引用元】https://twitter.com/norarengou/status/1298480194039283712

先ほどの滝沢ガレソとおじぽんの件に関して、『事実が極めて大幅に誇張され、かつ捻じ曲げられております』と、真っ向から否定しています。そして、弁護士の協議の上、権利侵害に関与している者全てに責任追及と刑事告訴などの法的措置を取る事を検討していることを発表しました。

このツイートに対して、Twitter上では『法的処置を取ることでまた脅しをしている』などの批判的なコメントが相次いでいます。

今や世界中でeスポーツが人気となりつつある中、国内最大級のプロゲーミングチームである野良連合が炎上したことは、日本のeスポーツ業界に大きな衝撃を与えています。本当にオーナーの貴族(kizoku)がやったことが事実なら、契約の不履行、恫喝、未成年への飲酒で、野良連合の活動は終了してしまうでしょう。

ですが、eスポーツの選手を守るために真実を明らかにすることは必要です。今後の野良連合に関する動向が見逃せません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告