レスポンシブ タイトル下?

コレコレが加藤純一の一部の視聴者に法的処置。原因は荒らし?

2020年8月24日、コレコレが自身のYouTubeのライブで、加藤純一の一部の視聴者に法的措置を取ると発表しました。原因は何でしょうか?




コレコレが法的措置へ。原因はサワヤンゲームズへの荒らし?

【引用元】https://www.youtube.com/watch?v=wL3Nx5D3nCo&t=263s

コレコレは自身のYoutubeライブで、サワヤンゲームズについて触れました。サワヤンゲームズとは東欧のもこうを自称している外国人で、ペラペラな日本語でぶちぎれるスタイルで、最近人気急上昇中のYoutuberです。(もこうにそっくりですね笑)

このサワヤンゲームズの動画のコメント欄が、どうやらコレリス(コレコレのリスナー)に荒らされているようです。ある動画ではコメントが9000件以上あり、そのほとんどがコレリスになっているのだそうです。そしてこれには、いくつかの人物が関わっています。

そもそもサワヤンゲームズが名乗っている、『東欧のもこう』の元ネタである『もこう』は今や100万人越えのYoutuberです。キャラクターの良さと『もこう』の名前を借りて人気急上昇中のサワヤンゲームズですが、もこうのリスナーからは、『検索でもこうを調べるとサワヤンが出てきて検索妨害だ』、『もこうの名前を使っているくせに概要欄にもこうのリンクを貼っていないなどリスペクトが足りない』と批判が相次いでいました。

そして次に登場するのが加藤純一です。加藤純一の生放送の切り抜きを上げている投稿者がいるのですが、その切り抜きによると、『もこうの真似してる実況者は寒くて見てられない』と加藤純一が発言したそうです。

加藤純一はもこうと同じくニコニコ動画に投稿していたことがあり、もこうとは長時間配信をするなどとても仲がいいです。そして、最近もこうの口癖を真似している方が増えてきており、これに対して苦言を呈していました。(実際、もこうのような話し方が増えてきている気がします)その時にサワヤンゲームズも取り上げられています。

これを機に、サワヤンゲームズの動画に批判のコメントが送られます。ちなみに、加藤純一は8月23日のニコニコ生放送で、サワヤンゲームズのものまねをしながら、『外国人が日本語喋ってるの好きなんだよ!』と絶賛しています。

その後、視聴者から炎上していたことを聞かされると、『なんであいつ炎上してんの?』、『あいつ可愛らしくない?』と高評価しており、恐らく先ほどのもこう口癖の真似をしている方と表現した人の中にサワヤンゲームズはいなさそうです。

ここまで全くコレコレは関係ありませんが、なんとサワヤンゲームズのコメントにはコレリスが出てきます。なぜかというと、加藤純一の一部の視聴者には過激派がいて、なんと他人の名前や他人のリスナーのふりをして荒らすというとんでもないことをしていたからです。




コレコレがこれらの行為に関して法的措置を取ることを発表

【引用元】https://twitter.com/korekore19/status/1297899460001820674

この行為に関してはコレコレも昔から把握しており、加藤純一に苦言を呈したそうです。ですが加藤純一は、『売名になるからいいじゃんww』と返されたそうです。その後加藤純一がやめるように言ったかはわかりませんが、少なくとも現在も続いています。

酷いコメントだと、『コレコレ「サワヤンは最近伸びてきてるから、もこうの名前使ってるとこ突いて潰せ。コメ欄も荒らしとまくれ」(ニコ生の有料放送にて)』と、一部の人しか見ていない有料放送の発言を捏造しているものがあります。

数年前から繰り返されているこの行為に対して、コレコレはついに法的措置を取ることを決定しました。本人は『あまりやりたくない』、『ネットというコンテンツが面白くなくなる』と思っていますが、流石に今回は許せなくなったみたいですね。ちなみに、コレコレは今までにあった捏造のコメントをしたアカウントなどは全て保存しているそうです。『アカウント今消しても遅いから』と釘を刺しています。

コレコレは他のYoutuberの暴露話などをしているので、このような迷惑行為の対象になるのはわかると話していますが、嘘の情報や捏造した情報を流したことは一切なく、表に出てきた情報のみを放送しています。

上記のツイートは既に10,000件のリツイート、20,000件以上のいいねがされています。何度もやめてと言っているのにやめない、加藤純一の一部の過激な視聴者に流石に痺れを切らしたコレコレ。今後どのような展開になるのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告