レスポンシブ タイトル下?

カワグチジンがリンチされた?マホトに飛び降りを告白?怪我は事故?

「カワグチジン」YouTubeチャンネル登録者数9.54万人(2020年5月現在)を、今回見ていきます。ご存じの方も多いでしょうが、元へきトラハウスメンバーのひとりでした。「へきトラハウス」は、2019年4月6日のYouTube動画で「へきトラハウスは解散します。」というタイトルでそれぞれの思いを語っています。(YouTubeチャンネル登録者数134万人)

「カワグチジン」は現在、Twitterアカウント非公開ですが、フォローもフォロワーも「0」です。Instagramは28.1万人フォロワーがいます。そんな、「カワグチジン」について、見ていく項目は「カワグチジンの怪我の姿はどんな感じ?リンチ?それとも事故?」「カワグチジンがマホトの動画に出演!実は飛び降りだった?」こちらの2項目です。




カワグチジンの怪我の姿はどんな感じ?リンチ?それとも事故?

「引用先」 https://www.instagram.com/kurtcojain/?hl=ja

こちらの見出しに合わないInstagramの写真なのですが、あえて選ばさせていただきました。カワグチジンの怪我に関してですが、怪我はしました「リンチ」でも「事故」でもありません。ある一方のところで、「締める」という話も出ていましたが、誰かに何かをされたというわけではありません。「怪我」の状態ですが、苦手な方がいるかもしれないと思い、包帯姿をガッツリ載せるのは避けました。

カワグチジンがマホトの動画に出演!実は飛び降りだった?

【全貌】おい!!カワグチジン!!どういう事?!?!

「引用先」 https://www.youtube.com/watch?v=0jyno8ytb_g

2020年4月30日「【全貌】おい!!カワグチジン!!どういう事?!?!」というタイトルの、マホトのYouTube動画です。「7階」から飛び降りたと話しています。金属も体の中に入っています。飛び降りた時の前後の記憶は曖昧で、ほぼ無い状態です。音楽をしているので、耳が悪くなったとも話しています。こちらの動画では、綺麗な顔になっていますね。サムネに怪我の時の包帯で巻かれたようすが写ってます。

マホトとカワグチジンは、高校生の時からの仲ということで、その時の写真が動画の中でチラッと出てきますので、見逃さないでくださいね。マホトは、とても若い時からYouTuberとして活躍していますので、マホトだからこそYouTube動画として流せたのではないでしょうか。「優しいね、変わったね」というところでちょっと笑いました。詳しい内容は、ぜひ動画をご覧ください。

「カワグチジン」の音楽をしているYouTube動画を最後に載せようと考えていたのですが、評価とコメント欄の表示が出来なくなっていましたので止めました。「JIN KAWAGUCHI」が、カワグチジンのチャンネル名ですので、気になる方は探して見てください。YouTube動画はまだ2本です。




結局、カワグチジンってどんな人?

今回は、「カワグチジン」を見てきました。元へきトラハウスのメンバーのひとりとしても活躍していましたので、今回の見てきた項目について、ご存じの方も多かったかもしれません。Twitterなどを見ると、いろんな話が出ているのを目の当たりにしました。それでは、ふり返っていきましょう。

「カワグチジンの怪我の姿はどんな感じ?リンチ?それとも事故?」では、「怪我」はしていましたが、「リンチ」でも「事故」でもありませんでしたね。それは、次の項目につながるのですが、なぜ、あのInstagramを載せたのかというと、「自分の笑顔が不細工だから嫌い」と書いているのですが、カワグチジンお気に入りの写真だったからです。「自分を好きになれる特別な瞬間」この言葉が胸を打ちました。

「カワグチジンがマホトの動画に出演!実は飛び降りだった?」こちらでは、マホトの動画に出演していましたね。高校時代から知っていた仲でしたので、マホトがとても心配している様子もわかりました。「飛び降り」が原因で怪我をして入院していました。こちらのYouTube動画の会話の中で、いろんな感情が渦巻きました。それは、「飛び降り」自殺未遂という内容と、「笑顔」という終わり方です。

「前後の記憶がない」と、話していましたね。この記事をご覧いただいている方の中に、自殺未遂をされたことがある方はいらっしゃるでしょうか?いたとしたら、カワグチジンの、この時の感情や感覚が理解できるのではないでしょうか。理由はさまざまです、人によって違いますが、を消そうと考える時、人は何を考える(思う)のでしょう。考える(思う)ことがあるのでしょうか。

日本の年間自殺者は、約3万人と言われています。それだけの思い、それだけの気持ち、行き場のなかった行動が、溢れています。「生きていてよかった」この言葉は、命を絶とうとした本人ではなく、周りから聞かされます。日本には、おはよう、こんにちは、こんばんは、いただきます、ごちそうさま、ありがとうという素晴らしい言葉があります。

この記事を読んでくださっているみなさまの、大切な人へ、最近話していないけど元気にしているかな?と、思いえがいた方へ、少しの声掛けをしてみてはいかがでしょうか?人は、いつ、どう変わるかわかりません。いきなりの自殺のように感じても、本人の中ではふつふつと抱いていた感情なのです。ひとりでも多くの笑顔を、そして「生きていてありがとう」を、カワグチジンは、教えてくれたのかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告