レスポンシブ タイトル下?

星街すいせい(元個人勢)の絵師は誰?前世は?3Dは自作?

星街すいせいとは、2020年4月現在、登録者数19万人を越えている有名YouTuberです。ホロライブに所属しているvtuberですね!元々は個人勢で活動していたvtuberで、途中でホロライブに所属したみたいです!

動画内容は、主にゲーム実況、歌ってみた動画をあげています。初投稿が2018年3月ですが、当時はまだ再生回数が数千だったことを考えると、最近は何万回再生言ってて凄いですよね!

今回はそんな、星街すいせい(元個人勢)の絵師は誰なのか、前世誰なのか、3Dは自作なのかをまとめてみました!




星街すいせい(元個人勢)の絵師は誰?

星街すいせいといえば、青い髪のかわいい女性キャラクターが印象的ですよね!このキャラクターを描いた絵師さんは誰なのでしょうか?

調べてみた結果、手島nariという方が絵師だということがわかりました!コミックの作画も担当している方で、死に戻り、全てを救うために最強へと至る』というコミックが小学館の裏少年サンデーから出ているそうです!いい雰囲気の表紙が見れますよ!

また、pixivでも活動しているので、気になる方はそこに投稿されているイラストを見ても良いかもしれないですね!

星街すいせいの前世は誰?

元個人勢として活動しており、今はホロライブのvtuberとして活躍している星街すいせい。そんな星街すいせいの前世(中の人)が誰なのか気になる方も多いのではないでしょうか?この見出しでは、星街すいせいの前世が誰なのかを調べてみました!

調べてみた結果、やかんという方の名前が浮かんできました!配信者か歌い手かどうかわからなかったので探してみましたが、やかんという名前で活動していて、かつ星街すいせいの前世と思われる人物はいませんでした。

もっとよく調べてみると、どうやらやかんは前世の名前ではなく、星街すいせいの口笛がやかんの音のように聞こえるからということから派生して、前世がやかんではないかと言われてしまったようです。

 【引用元】https://www.youtube.com/watch?v=FfJRPUGp61I

こちらがやかんの口笛の真似です。結構似ていますね!かすれ具合が良い味を出していると思います。(笑)

星街すいせいの3Dは自作?

星街すいせいの配信は3Dのモデルを使っています。 細かい表情まで再現しており、かなりクオリティの高い3Dモデルとなっていますよね!この3Dモデルを作ったのが、星街すいせい本人だと言われていますが、本当なのでしょうか?

調べてみた結果、3Dモデルを作ったのは星街すいせい本人ではありませんでした。作ったのは、八剣という方のようです。『なのです』という中四国ではNo.1の3DCG制作会社に所属している方で、かなり実績はありますね!

ですが、その一方で星街すいせいは個人で活動していた時に3Dモデルをなんと自作しようとしていたらしいです。3Dモデルを作るのはかなり大変そうですが、自分でやろうとするのはかなり意欲的ですね!

ちなみに、星街すいせいはboothにグッズ出したり、ボカロPにオリジナル楽曲頼んだりなど、色々な活動をしていたそうです。ここまで活動的な方は中々見たことがないですね!




結局、星街すいせいはどんな人?

いかがだったでしょうか?今回は星街すいせい(元個人勢)の絵師は誰なのか、前世誰なのか、3Dは自作なのかをまとめてみました!

絵師ですが、手島nariという方だとわかりました!コミックの作画も担当している方で、実績がある方ですね!

前世ですが、やかんという方が前世ではないかと言われていましたが、配信者にも歌い手にも、やかんという名前で活動している方はいませんでした。これは、星街すいせいが口笛でやかんのものまねができることが原因でした。ちなみに、やかんのものまねはかなり似ています。(笑)

3Dモデルですが、八剣という方が作っていたことがわかりました。自作だと思われていましたが、『なのです』という3DCG制作会社に所属しているプロの方がやっていたんですね!一方で、星街すいせいは自分で3Dモデルを自作しようとしていたこともあるらしいです!boothでグッズの販売をしていたり、ボカロPに楽曲の依頼をしていたりと、かなり意欲的に活動していますよね!

現在登録者数20万人程ですが、50万人を越える日もそう遠くないと思います!今後の星街すいせいの活躍に期待していきましょう!

ここまで見ていただきありがとうございます!

スポンサーリンク
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告